ピアノを売る前に綺麗に磨き上げましょう

評価より先にピアノを美しくしよう!
専門業者が予定通り現物を見て判定する場合、ピアノが誇りで汚れていたせいでは悪いイメージを与えてしまいかねません。

専門業者を呼ぶ以前に可能なだけ美しくお手入れをしておく部分をお勧めいたします。
わずかの損傷が存在する場合も、楽に補修可能な程度だったら以前から済ませておくことこそがベター。
ただし、損傷の程度次第で修理費のほうが割高についてしまうということもあるので気を付けましょう。

調律はしておいた方がいいでしょうか?
調律は、しているのに越したことはないのですが、専門業者によっても待遇はいろいろです。
評価直前に調律やっても価格に響かない部分もあれば、より多額買取をしてもらえるところも存在します。
専門業者の中では、調律になっていない場合、買取金額から調律代を引かれてしまうということも…。
周期的にメインテナンスをやっていれば、評価直前と言う理由で調律をしなおす必要はありません。
何年も調律をしていない……といった場合も、調律がいかほど価格に関連するのか、まずは専門業者にチェックしたほうがベターでしょう。

付属品はすべて用意しておこう!
付属品が揃ってあることに対しての査定は専門業者によって違ってきますが、その他にはより高値で買い取ってくれる専門業者も見受けられます。
必ずしも高額買い受けに直結するとは言い切れませんが、椅子を手始めにピアノの付属品は、念のため評価前に準備しておくとよいのではないでしょうか。

きなり